2010年3月9日火曜日

休暇は誰のためにあるのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします

オライリーのエンジニアのための時間管理術という本では、休暇を社員のための物ではなく、会社のためにあると言っています。 会社のためとはどういう意味だろうか? その本の説明によると、社員を休み無しに働かせると効率が悪くなるため休暇を与えているとあります。 このため、休暇は仕事を忘れて、リフレッシュする義務があります。休暇中に
  • 業務のメールをチェックする
  • VPNアクセスで会社にLANに自宅から接続する
  • 自宅の掃除などで追われる
等は休暇を取っていることにならないらしいです。

別の雑誌では社員へ休暇を取ることを強制した実験がありました。 初めは、休みを取ることに対して抵抗があったが、実験の最後の方では自主的に休暇を取るようになり、業績も上がりました。ちょっと意外。

0 件のコメント:

コメントを投稿