2010年3月28日日曜日

ちゃんと読まれない日本のブランド名

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします

高品質で安価な日本の商品は海外でも人気があります。 当然、カタカナや漢字では読んでもらえないのでローマ字に変えて表記する必要があります。 でも、ローマ字で日本語を変換した物は日本人の意図した通りに読んでもらえない可能性があります。 以下にその例を

まずはこれです。これは海外では「リナーイ」と呼ばれます。これは黄金パターン?で’nn’’ン’と発音されない例です。分かっていると思うが、日本では「リンナイ」。


これもリンナイと同じパターンです。海外ではデノンと発音されます。日本では日本コロムビアのデンオンブランドとして展開されていましたが、分社化されたのを機会に会社名をデノンに変えています。


これはアメリカナイズされてしまった例です。Nikeとナイキと読むようにNikonもナイコンと呼ばれています。ちなみに日本ではニコン





かつてアメリカで展開されていた日産のブランドです。日本だとDAT-SUNと区切ってダットサンですが、アメリカではそのまま読まれてしまい、ダッツンと言われています。

0 件のコメント:

コメントを投稿