2010年6月8日火曜日

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」を見て

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします

今日、ビデオレンタルでラスベガスをぶっつぶせという映画を見ました。 MITの学生がブラックジャックで大もうけすると言う大枠は知っていましたが、詳しい事は知らずに見ました。 初めは痛快な話しだと思いましたが、そのうち暗い雰囲気の映画となってきました。

主人公はMITの大学生で、成績優秀であり、ハーバードメディカルスクールに合格した勉強が出来る人です。 しかし、家が貧しく進学するお金がありません。 勉強が出来るが際だった点も無いため奨学金も当てになりません。 そのため、時給800円のアルバイトをしてコツコツとお金を貯めています。

 そこで、偶然数学の講師から、ブラックジャックのチームについての話しがあります。数学講師のノウハウと5人の頭脳を合わせてラスベガスのブラックジャックで大儲けするという話しです。 授業の単位などは数学講師が後ろでサポートしているので授業に出ていなくてもOKという美味しい話しでもあります。 でも、この数学講師に頼っているところが人質となってしまいます。

数学講師はカジノの現場にいないのに5割の取り分を手にし、チームを辞めようとする人がいたら、大学を卒業できないと脅しを掛けます。 先ほどの授業に出ていなくても単位を取れるという部分が生徒に対して痛い部分となります。

最後には意外な事実がありますのでビデオをレンタルして楽しんで下さい。
DMM DVD Blu-ray
Discas DVD Blu-ray

0 件のコメント:

コメントを投稿