2010年7月9日金曜日

iPad(アイパッド)はITの救世主になる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします

昔からITが苦手な人に救いの手を伸ばす機器が販売され、廃れて行きました。
です。 iモードは廃れていないですが、ITが苦手な人の為な物ではなく、IT好きが更に使うというイメージがあります。

しかし、iPadは本当にITを苦手な人に手を差し伸べる救世主かも知れません。 理由は
  • iPadに合わせてITが動いてくれる
  • 起動とか面倒くさい手続きが要らない
  • 文字入力は画面を触るだけ
  • マウスとかややこしい物を使わなくても、リンクを指で触るだけでジャンプする
  • 優秀すぎるタッチパネル
が搭載されているからです。 この中でITがiPadに合わせて動いてくれるというポイントは大きいです。 昔の専用端末はIT側の進歩に取り残されてしまう傾向にありました。 例えば、HTMLにCSSが導入された場合、古い専用端末は使えなくなってしまいます。

一方、iPadはコンテンツ制作者がiPadに歩み寄ってくれます。 昔の専用端末のように制作者側から無視されることはありません。 これは大きいです。

また、パソコンと比べても遜色が無い出来となっています。 さすがにコンテンツ開発や本格的な小説は機械式のキーボードがあるパソコンの方が良いですが、ブログ程度の文章を書くだけであれば、iPadのソフトウェアキーボードは十分です。 この点は私も「iPadじゃ入力は大変だろう」と感じていましたが、実際に手にとってキーボードを操作してみると全くミス無しで入力されました。 ブラインドタッチの要領で両手を使って入力しましたが、全ての文字が間違え無しに入力されました。

このため、サブのノートパソコンを購入する予定がある人は一度、iPadを触ってみると良いと思います。 考えが変わります。

0 件のコメント:

コメントを投稿