2011年3月19日土曜日

献血は楽しいです。是非社会貢献をしましょう

献血を行う人は多いですが、手術で使われる血液は不足していると聞いています。 このため、献血を行っていない人も是非行って下さい。 献血は時間が掛かるのでは?と思いますが、太い注射針を使うので意外と早いです。また

  • 成分献血だとビデオで映画を楽しめる
  • フリードリンクやスナックなどを楽しめる
  • 雑誌などが多く置かれている(センターによって異なります)
の良い点があります。 楽しいので是非献血をどうぞ。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします

2011年3月1日火曜日

職業としてのセールスドライバー この業種に転職する人達へ

過去に3年間勤めたセールスドライバーとしての勤務記録です。一応大手ですが、ヤマト運輸佐川急便とかの最大手での記録ではございませんので労働条件は悪いかも知れませんが、同じような技術を使って同業も業務を行っているのでほぼ変わらないと思います。

世間の勘違い
セールスドライバーという職種は御存じだと思います。荷物をトラックを使って会社や個人宅へ届けるという業務ですが、それらは40%位の割合です。大手では分業化、専任スタッフが潤沢に配置されているのでその比率は大きいと思いますが、少し下の大手になるとドライバーの行う仕事は運転以外の仕事となります。運転、配達以外の仕事とは

  • 集荷
  • 集金
  • セールス、簡単な窓口

です。集荷とは配達する荷物をお客様から預かる仕事です。これはよく考えてみれば当たり前で、配達をするには集荷をしないと出来ません。ちなみに集荷は別の営業所、営業店で行われます。集金は着払いはもちろん、荷物を集荷している企業から利用料を集める事です。最後にセールスですが、これは営業所に選任の営業マンが少ないため、ルートセールス的な事を業務中に行います。簡単な声かけ、他社運送会社の荷物を自分の会社に変更して貰う。選任の営業マンへ連絡する等の仕事を行います。

新人時代
大体3週間位のツーマン(先輩社員の同乗期間)で覚えます。先輩は一見楽そうに行っていますが、いざ自分で行うと最初はパニックです。先輩が軽く午前中に配達する荷物も、新人の私が行うと午後3時くらいまで掛かります。しかも、延着した荷物が自分の店に残っているので帰ってからも配達が残っています。パニックになりますが、荷物に負けずに頑張ってくださいと言うしかないですね。 朝礼でも、「荷物に負けるな」という挨拶が良くあります。初めはよく分からなかったですが、一人で業務をこなすと意味が分かりますね。 その後、余裕が出てくると簡単な声かけの様な営業やお客さんからの質問にも答えられるようになります。

勤務時間
最大手の佐川急便のHPで調べると7:00-16:00と残業有りと書かれています。ただ、このデータは最大手の理想的な数字だと思います。大手でも企業規模が小さくなると条件が悪くなります。私の場合は6:00出社帰宅は21:00位でした。これが現実です。新人で入ってきた人は書類上の勤務時間と実際の勤務時間のギャップに戸惑って会社を辞めてしまいます。また、昼休みの休憩は無いに等しいのが現状です。ただ、慣れてくると良い運動という感じになってきます。

運転
運転中は気が楽だと思われますが、大手はルールに厳しいです。指差呼称といって交差点などでは安全確認をする、ちゃんと制服を着用して仕事をする、社内での飲食、喫煙などのながら運転は禁止、客先での運転マナーが悪いと通報される等と言う拘束が強いです。このような社内違反を繰り返すと下車勤となり給料が大幅に下がります。また、夜の勤務に回される可能性が高いです。最近では配達中にタイヤに輪留めをする様になったため更に拘束が厳しくなっています。知らない人が考えるほど気楽ではありません。 勤務中に趣味の無線! あり得ません。

長距離の運転
これは、セールスドライバーとしては有りません。自分の所属する店からコースまでの往復とコース内の運転となります。また、コース内では細かく運転することが多く、乗り降りが激しいです。あと、歩いていては仕事が終わらないので常に時計を見ながら、外では駆け足ですね。本当に時間に追われる仕事です。せっかちな性格の方が向いているのではと思います。

扱う荷物
大手になるほど、普通に梱包された段ボールが多いですが、私の会社ではドラム缶やトラックの板バネ、木枠に組まれたコンプレッサーなどの変な形の物が殆どでした。積み方も難しく泣きそうになった事も多くあります。 綺麗な荷物を扱いたければ大手運送会社が良いのではと思います。

配達・集荷先
ヤマト運輸、佐川急便などは宅配業務にも力を入れているので一般家庭への訪問が多いと聞いています。西濃運輸、トナミ運輸、福山通運などの商流をメインとした会社だと企業や商店などへの配達、集荷が中心となりますが、基本的な業務は変わらないと思います。

物品販売
これは何?と言われますが、殆どの運送会社は運送に関係無い物の販売を強制させられます、水、ティッシュ、電化製品、ティッシュ、カーネーション、宝飾品、ラーメン、ギフトなどの営業もさせられ、ノルマを追求される業者が多いです。ノルマを達成出来ない場合は自分で買い取ってでも達成する人や割り引いて販売するドライバーもいました。 常日頃からお客様と交流をして信頼感を獲得しておく必要がありますね。

書類仕事
書類仕事も多いですね。日報の作成上長にあげる報告書の作成などが多いです。また、リーダーになるとメンバーのローテーション作成などの業務がそれに含まれてます。ドライバーの比率が多く、事務員の数が非常に少ないのでそのしわ寄せはドライバーに来ますね。これが嫌だと言っている人は多いです。

人間関係
手取足取り親切に業務を教えてくれる人はいませんね。暴力こそ少ないですが、罵られたりする事が多かったです。周りのドライバーの口は乱暴ですね。あと、能書きを垂れると本当に手が出てくるかも知れません。(ベテランの若い社員に多いです) あと、いくら自分が年上でも、最初からいた人には敬語を使って話すのが当たり前の世界です。年下だからとなめた口で話すと怖いです。あと、これまでの履歴、学歴は一切関係有りません。過去に私はこんな仕事をしていたという事を自慢する人には向かないですね。この業種は仕事が出来てなんぼの世界です。

笑っちゃうほど早くやめてしまう新人達
私は三年ドライバーとして仕事をしましたが、一日で消えていく社員の多さには驚きました。先輩の話を聞くと、半日で蒸発してしまった人もいると聞きます。この話を聞くと厳しすぎる世界なのかなと思います。あと、一日30件~50件の配達は大変でパニックになりまが、気合いで慣れてください。無責任言い方ですがこれしか有りません。

未経験からの転職について
正直言います、朝は6:00出勤だと考えてください。また、残業は月に70位だと最初から思ってください。自由で気ままだと考えられますが、規律が厳しい傾向にあるので息が詰まるかもしれません。あと、制服着用は当たり前ですね。客商売ですので服装や頭髪などはしっかりと清潔に保ってください。 

最後に
この業種を知らずに転職する人の助けになると良いと思います。決して楽ではありませんが、色々なお客様と多くの話しが出来る面白い業種だとも思います。通常の営業や工場勤務、エンジニアと比べると人と話す機会は非常に多いです。 是非、頑張ってください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします

社員教育研究所のハイスピード英会話はメンタル的に強くなります。

過去に、外資系企業に就職した際に英語力を向上させようと、ハイスピード英会話というプログラムに申し込みました。これは13日間合宿形式で英語を学習する研修です。 運営は社員教育専門の業者である社員教育研究所でした。名前が示すとおり、この会社は社員研修をメインに行っている会社で、英会話もこのノウハウを活かした物となっています。

13日間なので、2日会社から有給を貰い冬休みをあてました。正直、この年の冬休みは無いに等しかったと思います。新幹線の新富士駅は初めての下車です。その後、富士宮駅までローカル線に揺られます。駅を降りるとボロいマイクロバスが止まっていました。確か、管理者養成学校の鷹のロゴが書かれていた記憶があります。私は小さな鞄で来ましたが、一部、海外旅行級のスーツケースで来る人もいました。私としてはもう少しコンパクトにまとめて欲しいと思いましたが。

バスは町の中を駆け抜けます。しかし、すぐに山道になりました。 意外に近いのではと思ったが山道が更に進みます。ケータイやモバイル通信機器の電波は入らなくなり「僻地に来てしまったのだ」と感じました。 感覚的に一時間後、研修センターらしい場所に到着しました。

研修センターでは私たちをウェルカムな感じでは迎えてくれませんでした。まずは食堂に案内されセンターでの過ごし方の説明を受けます。ただ、ここで驚いたのは、日本語プログラム(普通の社員研修)と同じ場所を使うので、英語クラスの人も守って欲しいと言う事でした。 しかも、非常に細かいルールです。

  • 人とすれ違うときは挨拶をする(ただし、こちらは英語、向こうは日本語)
  • 部屋に入るときは「入ります」出るときは「失礼します」という(ただし、こっちは英語)
  • スリッパなどはしっかりとそろえておく(英語クラスはいい加減であった)
  • 風呂の蛇口は左側へそろえておく(右側だったかも)

と他にもありますが、さすが厳しい社員研修を提供する会社だけ合って徹底しています。 ただ、英語研修の人達は相手から見えない様に工夫されていました。逆にこちらは社員研修の模様がみえましたが、厳しい行動でした。 常に駆け足、報告は大声で、しっかりとした挨拶と礼と疲れそうな感じでした。

で、センターでの過ごし方を聞いた後は、英語のテストです。このテストでレベル別の班分けがされます。残念ながら私は3つ有る中で一番低いグループに分けられました。この後は厳しい作法で食事と入浴を済ませて就寝です。就寝は研修施設らしく二段ベッドです。私は別に何とも思わなかったですが、周りは文句を言っていましたね。環境が悪いとか、空調が悪いとか・・・ 周りが神経質なのか私が鈍感なのかは定かでないですが。

次の日はいよいよ英語研修の開始です。 しかし、任意で日本語の大声を出す研修を受けることが出来ました。殆どの人が参加していましたが、これが最後の日本語となりました。

大声を出す研修の内容ですが素読と言い、これは社員教育研究所のキーとなる要素らしいですね。いわゆる「社員教育組」はこの内容を徹底的に行います。内容は以下の言葉を大声で感情を込めて言います。 最初はみんな恥ずかしがっていましたが、さすが社員教育のプロです。講師は恥ずかしがっている私たちを盛り上げ、感情を込めて以下の内容を声に出すように仕向けました。
部下の拒絶反応にあい
たちまち部下の仲間入りをし、
上司や会社攻撃に走る
若武者型の管理者よ、
あなたはもっとも同情に値しない。
自分が部下に好かれるに違いないというその甘さ、
拒絶反応にあい
たちまち部下の仲間入りするその無責任さ、
部下と一緒に上を攻撃するその卑劣さ。
上を攻撃するのが悪いというのではない。
だが知っておくがいい、
管理者とは管理者であるがゆえに批判される存在であることを。
部下の攻撃の矢がふりかかり、
防ぐこともできずに血を流さねばならぬことを。
おそらくあなたが嘲笑の対象にしている民主的オジサンにしても、
身を隠すことなく矢を受け止め、
血を流しているという点で、
あなたよりもはるかにすぐれた存在だということを。
あなたに言いたいのは次のことだ。
弓と矢を捨てなさい。
部下の群れから抜け出して
管理者の居場所まで出て来たまえ。

良い内容ですが、英会話とは関係無いですね。残念ながら英語クラスの人はこの訓練は途中で終わります。でも、これを受けないと恥ずかしくて大声を出せないのでこれからのクラスが不安です。

この、声出し訓練が終わった後はいよいよ英語プログラムの開始です。ここからは日本語は禁止です。 また、実は講師も日本語が上手くない人が殆どです。
全て言いたいことは英語で言う。トイレに行きたいとか、班員への連絡は全て英語です。このため、全ての人は黙ってしまいます。何かを講師が教えてくれるだろうと期待して・・・ でも、講師は何も教えてくれません。 そう、この研修で重要なのは心のバリアーを外すことです。少ない分からない英語知識を総動員してコミュニケーションを取る方法を自分で見つけるしか有りません。 文法も重要ですが、間違っているだろうと考えて恥ずかしがってはいけません。大きな声で主張しないと自分の意見は通りません。

クイックなレスポンスを求められる、クエスチョントレーニング

講師が大声で行った質問を、こちらも大声で返すというトレーニングです。大声を出す事によって思考回路を停止させ、本能で英語をひねり出す能力を付けるのではと後になって思いました。 これは、苦痛ではなく続けていると面白くなってきます。ただ、Yes,Noで答えるだけではなくフルセンテンスで答える必要があります。 例えば

Q:Do you have a dog.
A:Yes,I have a dog.

と言った感じです。また、逆に講師に質問するパターンもありました。


講義はワークショップ形式、ひたすら考えてアウトプット
殆どのクラスでは聞いているだけの研修はありませんでした。アウトプットが重要なのか、研修中はほぼ何かを考えないといけない状況に置かれます。もちろん、多めの宿題も出るので、講義が終わった後の自習時間は休めません。教室で勉強です。このような勉強は学生以来でしたね。



  • ガス抜き

3時になると、ガス抜きのために散歩か運動かを選んで気分転換が出来ます。 もちろん、休憩だからと日本語を話すことは禁止ですが、遊びの中でのフリートークという練習にもなって良いと思います。 講義で身についた英語癖を散歩や運動中に使う事ができます。 あと、講師からクリケットやポーカーなどの話しを聞いたり出来て外国文化にも親しむことが出来ます。 ちなみに、私が海外ではポーカーが「テキサスホールデム」というルールで行われており、日本で有名なルールはもう古いという事を知ったのもこの場所でした。


  • 説得訓練

変わったトレーニングの一つとして、少ない英語能力で色々な困難に立ち向かうという訓練がありました。予約したレストランの予約が取り消されていたり、名刺交換程度の付き合いしか無い人と会って話しをする、等の相当理不尽な状況を少ない英語力で対応していきます。本当に理不尽です。でも、打開できる道は必ずあります。


  • スピーチ

この学校は人前での恥ずかしさを取り除く事をコンセプトにしている感じがします。毎日、5分のスピーチを行う事が課題とされており、グループの前で話します。慣れを防ぐために、隣のクラスと交換してスピーチを行う事もあり、マンネリを防ぐ工夫もあります。 慣れない英語スピーチを作文して、暗記して人前で恥ずかしがらずに堂々と話すという動作を繰り返すと自分の心の壁が取り除かれて行きます。


  • ガス抜き2

一週間がたつと、さすがに「管理者養成学校」の中だけではストレスに感じます。このため、マイクロバスで近くの名所を短い時間ですが観光します。私の時は瀧を見に行きました。もちろんここでも、日本語厳禁となっています。 面白いのは、学校内に食べ物の持ち込みは厳禁だが、今のうちに買って隠して持ち込めばOKという言葉で、みんなは駐車場近くのコンビニでスナック類を買い込んでいました。


  • カウントダウン

元旦のカウントダウンが面白かったです。スケジュール上は就寝の時間ですが、こっそりと(というより堂々と)12時まで起きて、コンビニでゲットしたつまみとお酒で正月のカウントダウンをしました。これは意外に盛り上がった感じでした。これ以降、夜、酒を飲むという事をみんなが行うようになりました。厳しい合宿研修という感じですが、意外にゆるい一面でした。


  • 論争トレーニング

ディベートですね。猫か犬かどちらが良いか?等と言う簡単な論争を行います。もちろん、審査員は講師が行い、客観的な勝ち負けを決めます。別に負けても勝っても何があるわけでも無いですが、何故か闘争心を剥き出しにして本気でぶつかっていく心構えを持っています。非常に熱く議論を続けて行きます。 その後は、海と山、田舎と都会、大企業と小企業等と言うテーマで続きます。


  • 集団生活

この合宿では相部屋で寝泊まりをします。このため、団結感が非常に高くなります。グループの一体感が出るのはこの工夫のためだと思います。ただ、風邪を誰かが持ち込んだときは大変でした。同じ建物で生活している講師達も風邪にかかったので大変でした。これは集団生活の悪いところだと思いました。あと、寝る場所が悪いと文句を言う人が多と感じました。 元々、厳しい社員教育用として作られた設備なので快適さは無いと思いますが、私に取っては快適に眠ることができました。周りは非常に快適な場所で毎日をお過ごしだと感じました。


  • 感動のエンディング

最後はここで学習した良い事や辛かったことを思い出し、目をつぶって振り返るというセレモニーで終了です。これは感動しました。私も少し目が潤みましたが、泣いている人もいました。このポイントがただの英会話合宿でない心の合宿だと言う事が分かりました。


  • 最後に

 この教育は英語を手取足取り教えてくれる場所ではありません。分からない事があったら分からない所をまとめて講師に聞く知恵が必要です。実際の生活では手取足取り教えてくれる人は少ないです。 その中で自分の考えを最高にして物事に取り組むという精神的な部分が鍛えられて行くと思いました。 英語を短期間に身につけたい人は是非、このクラスをお勧めします。 ただし、教科書的な英語は覚えておいて下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします