2011年3月1日火曜日

職業としてのセールスドライバー この業種に転職する人達へ

過去に3年間勤めたセールスドライバーとしての勤務記録です。一応大手ですが、ヤマト運輸佐川急便とかの最大手での記録ではございませんので労働条件は悪いかも知れませんが、同じような技術を使って同業も業務を行っているのでほぼ変わらないと思います。

世間の勘違い
セールスドライバーという職種は御存じだと思います。荷物をトラックを使って会社や個人宅へ届けるという業務ですが、それらは40%位の割合です。大手では分業化、専任スタッフが潤沢に配置されているのでその比率は大きいと思いますが、少し下の大手になるとドライバーの行う仕事は運転以外の仕事となります。運転、配達以外の仕事とは

  • 集荷
  • 集金
  • セールス、簡単な窓口

です。集荷とは配達する荷物をお客様から預かる仕事です。これはよく考えてみれば当たり前で、配達をするには集荷をしないと出来ません。ちなみに集荷は別の営業所、営業店で行われます。集金は着払いはもちろん、荷物を集荷している企業から利用料を集める事です。最後にセールスですが、これは営業所に選任の営業マンが少ないため、ルートセールス的な事を業務中に行います。簡単な声かけ、他社運送会社の荷物を自分の会社に変更して貰う。選任の営業マンへ連絡する等の仕事を行います。

新人時代
大体3週間位のツーマン(先輩社員の同乗期間)で覚えます。先輩は一見楽そうに行っていますが、いざ自分で行うと最初はパニックです。先輩が軽く午前中に配達する荷物も、新人の私が行うと午後3時くらいまで掛かります。しかも、延着した荷物が自分の店に残っているので帰ってからも配達が残っています。パニックになりますが、荷物に負けずに頑張ってくださいと言うしかないですね。 朝礼でも、「荷物に負けるな」という挨拶が良くあります。初めはよく分からなかったですが、一人で業務をこなすと意味が分かりますね。 その後、余裕が出てくると簡単な声かけの様な営業やお客さんからの質問にも答えられるようになります。

勤務時間
最大手の佐川急便のHPで調べると7:00-16:00と残業有りと書かれています。ただ、このデータは最大手の理想的な数字だと思います。大手でも企業規模が小さくなると条件が悪くなります。私の場合は6:00出社帰宅は21:00位でした。これが現実です。新人で入ってきた人は書類上の勤務時間と実際の勤務時間のギャップに戸惑って会社を辞めてしまいます。また、昼休みの休憩は無いに等しいのが現状です。ただ、慣れてくると良い運動という感じになってきます。

運転
運転中は気が楽だと思われますが、大手はルールに厳しいです。指差呼称といって交差点などでは安全確認をする、ちゃんと制服を着用して仕事をする、社内での飲食、喫煙などのながら運転は禁止、客先での運転マナーが悪いと通報される等と言う拘束が強いです。このような社内違反を繰り返すと下車勤となり給料が大幅に下がります。また、夜の勤務に回される可能性が高いです。最近では配達中にタイヤに輪留めをする様になったため更に拘束が厳しくなっています。知らない人が考えるほど気楽ではありません。 勤務中に趣味の無線! あり得ません。

長距離の運転
これは、セールスドライバーとしては有りません。自分の所属する店からコースまでの往復とコース内の運転となります。また、コース内では細かく運転することが多く、乗り降りが激しいです。あと、歩いていては仕事が終わらないので常に時計を見ながら、外では駆け足ですね。本当に時間に追われる仕事です。せっかちな性格の方が向いているのではと思います。

扱う荷物
大手になるほど、普通に梱包された段ボールが多いですが、私の会社ではドラム缶やトラックの板バネ、木枠に組まれたコンプレッサーなどの変な形の物が殆どでした。積み方も難しく泣きそうになった事も多くあります。 綺麗な荷物を扱いたければ大手運送会社が良いのではと思います。

配達・集荷先
ヤマト運輸、佐川急便などは宅配業務にも力を入れているので一般家庭への訪問が多いと聞いています。西濃運輸、トナミ運輸、福山通運などの商流をメインとした会社だと企業や商店などへの配達、集荷が中心となりますが、基本的な業務は変わらないと思います。

物品販売
これは何?と言われますが、殆どの運送会社は運送に関係無い物の販売を強制させられます、水、ティッシュ、電化製品、ティッシュ、カーネーション、宝飾品、ラーメン、ギフトなどの営業もさせられ、ノルマを追求される業者が多いです。ノルマを達成出来ない場合は自分で買い取ってでも達成する人や割り引いて販売するドライバーもいました。 常日頃からお客様と交流をして信頼感を獲得しておく必要がありますね。

書類仕事
書類仕事も多いですね。日報の作成上長にあげる報告書の作成などが多いです。また、リーダーになるとメンバーのローテーション作成などの業務がそれに含まれてます。ドライバーの比率が多く、事務員の数が非常に少ないのでそのしわ寄せはドライバーに来ますね。これが嫌だと言っている人は多いです。

人間関係
手取足取り親切に業務を教えてくれる人はいませんね。暴力こそ少ないですが、罵られたりする事が多かったです。周りのドライバーの口は乱暴ですね。あと、能書きを垂れると本当に手が出てくるかも知れません。(ベテランの若い社員に多いです) あと、いくら自分が年上でも、最初からいた人には敬語を使って話すのが当たり前の世界です。年下だからとなめた口で話すと怖いです。あと、これまでの履歴、学歴は一切関係有りません。過去に私はこんな仕事をしていたという事を自慢する人には向かないですね。この業種は仕事が出来てなんぼの世界です。

笑っちゃうほど早くやめてしまう新人達
私は三年ドライバーとして仕事をしましたが、一日で消えていく社員の多さには驚きました。先輩の話を聞くと、半日で蒸発してしまった人もいると聞きます。この話を聞くと厳しすぎる世界なのかなと思います。あと、一日30件~50件の配達は大変でパニックになりまが、気合いで慣れてください。無責任言い方ですがこれしか有りません。

未経験からの転職について
正直言います、朝は6:00出勤だと考えてください。また、残業は月に70位だと最初から思ってください。自由で気ままだと考えられますが、規律が厳しい傾向にあるので息が詰まるかもしれません。あと、制服着用は当たり前ですね。客商売ですので服装や頭髪などはしっかりと清潔に保ってください。 

最後に
この業種を知らずに転職する人の助けになると良いと思います。決して楽ではありませんが、色々なお客様と多くの話しが出来る面白い業種だとも思います。通常の営業や工場勤務、エンジニアと比べると人と話す機会は非常に多いです。 是非、頑張ってください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿